【おすすめ英会話スクール】ライザップイングリッシュ5回目のレッスン

今回のセッションまでのシュクダイ達成具合

5月18日(金)

・単語をノートにまとめる
・文法教材読み込み
★学習時間 合計2時間確保!

 

5月19日(土)

・単語3周音読
・文法教材熟読
・音読プリント2周読み込み
★学習時間 合計3時間確保!

 

5月20日(日)

・単語5周音読
・文法教材熟読
・音読プリント2周読み込み
★学習時間 合計3時間確保!

 

5月21日(月)

・単語5周音読
・文法教材熟読
・音読プリント2周読み込み
★学習時間 合計2時間確保!

 

 

今回も順調にシュクダイ時間を確保できました!

 

私の場合、仕事が土日休みなので土日はまとまった学習時間をとることができます。

 

でも長時間学習していくと集中力が途切れやすくなってしまうので、このあたりは訓練が必要だなと感じています。

 

あとはシュクダイ量がけっこう多いので、どのように時間配分して均等に学習していくかが今後の課題になってくると思います。


ライザップイングリッシュの公式サイト

 

今回のテストの出来は?

 

セッション30分前に店舗に行きテストからスタート。

 

テストの内容はいつも通り単語テスト80問と英文和訳テスト30問です。

 

前回のセッションで出されたシュクダイはすべて新しい範囲だったので、かなり不安要素を感じながらテストに臨みました。

 

特に単語に関しては、ほぼ知らない単語をイチから思えたので、はたしてちゃんと記憶できているのかどうか。。

 

 

まずは単語テストからやってくと、思いのほかスラスラわかる!

 

制限時間8分内にサクッと終えることができ、次は英文和訳テストへ。

 

やっていくと、うーん、こっちはいまいち。。

 

単語のシュクダイを頑張りすぎたシワ寄せが英文和訳テストにきてしまったようです。。

 

結果は、単語テスト70点、英文和訳テスト14点。

 

英文和訳テストは文法が理解できていなくて訳せなかった箇所が多くあり、散々な結果でした。。

 

トレーナーとレッスン開始!

 

テストが終わりと、いつも通りトレーナーとのレッスンに移りました。

 

まずはテストの振り返りから。

 

 

今日の自己評価は100点満点中、何点ですか?


 

 

うーん。60点ぐらいですかね。


 

 

60点!おっ!上がりましたね。

 

前回の自己評価はたしか50点だったんですけど、今回10上がったポイントはどういった点ですか?


 

 

単語のシュクダイが新しい範囲だったんですけど、一通り見た時ほぼ知らない単語ばかりでした。

 

記憶しようとすると全然頭に入っていかなくてヤバイなぁ。。と思ったのですが、4日間何度も繰り返し学習していったらなんとか覚えれていて回答できました。


 

 

ちなみに単語テストの点数は・・70点ですね!

 

それでは、発音のチェックもやっていきたいので、1問目から英単語と日本語を読んでいきましょう!


 

ということで、テストの1問目から順に音読していきました。

 

demand(要求する)、lie(嘘をつく)、expresss(表現する)、contain〜(を含む)・・といった感じで音読していき、発音が違う所があれはトレーナーが指摘していってくれました。

 

 

単語は次回も同じ範囲がシュクダイになるので、次のテストでは満点を目指していきましょう。

 

音読を毎日5回反復していくようにしてくださいね。


 

続いて英文和訳テストの振り返り

 

 

次は文法(英文和訳テスト)の振り返りをしていきましょう。

 

上から英語と日本語を読んで、文法のポイントも言っていってください。


 

 

Mr.Tanaka has studied English in England beore.

 

田中さんは勉強したことがある/英語を/イングランドで/以前

 

文法ポイントは現在完了形の(経験)で、〜したことがある、という訳し方です!


 

 

すばらしい!

 

現在完了形の形はhave+過去分詞でしたね!

 

訳し方は3つあって「〜したことがある(経験)」「〜した(完了)」「〜している状態(継続)」になります。

 

今回の例文では、before(以前)がついているのがポイントで、before(以前)がついていたら「〜したことがある(経験)」という訳し方になります。


 

こんな感じで、トレーナーの解説をまじえながら一問一問丁寧に復習していきました。

 

英文和訳テストの問題は30問あったので、一問一問復習していくとあっという間に時間が経過してしまい、30問目を終える頃にはセッション終了の時間が来てしまっていました。

 

 

マ、マズイ・・

 

今日はまったく先に進めなかった・・


 

と、少しブルーになっていると、トレーナーから、

 

 

現在完了形は、ほんとんどの人が1度はつまづく文法です。

 

現在完了形を復習するだけに時間をかけていますが、この部分は確実に理解していく事が大切です。

 

なぜかというと、長文になってくるといろんな文法が混ざってきたり、2つの文がくっついたりするなど非常にややこしくなっていきます。

 

確実に理解せず曖昧なままで進んでしまうと、長文になった時に訳せなくなってしまい、結局また戻って学び直さないといけなくなります。

 

同じ文法に時間を費やすことに不安を感じるかもしれませんが、現時点では全く問題ないので安心してください。

 

今回の音読プリントはちょっと難しかったと思うので、また同じ範囲をシュクダイとして出していきたいと思います。

 

次回のセッションでは同じテスト内容になると思いますが、日本語訳が全部1秒以内にでるように文法をおさえてきてください!


 

トレーナーからのお言葉に少し安心しました。

 

でも、1度でしっかり理解できていれば次に進むことができたわけですから、新しい文法に覚えるためにも次こそはテストで満点を取りたいと思います!

 

シュクダイについて

今回からシュクダイが一つ増えることになりました。

 

増えるのはリスニングのシュクダイで、セッション初回の時にもらった「リスニングドリルズ」というテキストを使用するとのこと。

 

 

この教材にはCDがついているのですが、それを一度聞き、音声と同じ発音のしかたで左側のページを音読していくというシュクダイでした。

 

 

「こういう発音をするんだ」という事を確認することが目的で、stop itなら(スターピッ)、step outなら(ステッパゥッ)といった感じで音読していきます。

 

発音のしかたはカタカナで表記されているので分かりやすいです。

 

そのまま読むと、stop it(ステップイット)、step out(ステップアウト)と読んでしまいますが、実際の会話ではこういった発音をされているんだ、という事を知っていきます。

 

シュクダイ範囲は、ユニット@〜Rの152語を1日1回読むという内容で、早い人は10分ぐらいで終わるそうです。

 

CDの音声はスピードが遅いので、一度聴いたらCDは流さずに早いペースでどんどん音読していくようにするのが実践向きだとのことでした。

 

今回のシュクダイ範囲まとめ

前回と同じ範囲の単語復習
前回と同じ範囲の文法復習
前回と同じ範囲の音読復習
リスニング

【範囲】
ユニット@〜R(152語を1日1回音読)

 

5回目のセッション終了!

セッションの回数を重ねるごとに、覚える内容もシュクダイの内容もレベルが上がってきています。

 

量が増え、内容が難しくなっている分、効率的にシュクダイをこなしていかないと疎かになってしまう部分が出てきてしまいます。

 

事前にしっかりとスケジュールを組み、計画的に時間を使っていくことが英語成長の近道だと感じている今日この頃です。

 

【ベーシックコース】6回目のレッスンへ⇒